お知らせ&ブログ

【持続化給付金】中小企業200万円、個人事業主100万円支給

持続化給付金

コロナウイルスの感染拡大により事業に大きな影響を与えている事業者に対して、給付金が支給されことが決まりました。

◆支給される対象

売上が全年同月比で50%以上減少している者。

中小企業、個人事業主、フリーランス、NPO法人など

◆給付額

法人:200万円
個人事業主:100万円
※ 昨年1年間の売上からの減少分を上限とする

【売上減少分の計算方法】

前年の総売上(事業収入)―(前年同月比▲50%月の売上×12か月)

【計算例】

(法人の場合)
前年の総売上額:5,000万円
前年同月比▲50%月(3月)の売上:200万円
5,000万円 - (200万円×12) = 2,600万円
2,600万円 > 200万円なので、もらえる金額は上限の200万円になる。

(個人の場合)
前年の総売上額:500万円
前年同月比▲50%月(3月)の売上:35万円
500万円 - (35万円×12) = 80万円
上限の100万円に満たない場合は減少分の80万円が支給額になる。

◆申請方法

住所や口座番号(通帳の写し)を用意する。

【法人の場合】
①法人番号
②2019年の確定申告書類の控え
③減収月の事業収入額を示した帳簿等

【個人事業主の場合】
①本人確認書類
②2019年の確定申告書類の控え
③減収月の事業収入額を示した帳簿等

③については様式は問わない

申請はWEB上での申請が基本です(電子申請)。電子申請が難しい場合は完全予約制での窓口を設置し対応することになります。

電子申請の場合は申請後2週間程度で給付することを想定しています。
給付は銀行振り込みになります。

詳細については今後確定次第、公表されます。(4月下旬ごろの予定)

支給をうけるためにやっておくべきこと

まずは前年の同じ月と比べて50%以上売上が減っていることを確認します。

月の事業収入が減っていることがわかる資料を用意しておきましょう。
法人であれば税理士さんに頼んで試算表を早急に作成してもらいましょう。
個人の場合も帳簿や簡易な試算表を作成しておき、すぐに提出できるようにしておくと、早く申請に動けます。

ピックアップ

  1. 持続化給付金

対応地域

当事務所は京都市山科区にあり、下記エリアを中心に京都府内に対応しております。

 

京都市(右京区、北区、上京区、西京区、中京区、伏見区、南区、山科区)、宇治市、城陽市、京田辺市、木津川市など。

 

上記のエリア以外の方もお気軽にお問合せください。

PAGE TOP