女性起業支援

ながお行政書士事務所では、これから起業したい女性や既に起業・経営されている女性経営者の方へ向け、起業・経営サポートを行っております。資金面での不安がある方。経営上の悩みがある方。などお気軽にご相談ください。

創業融資

創業融資を利用すれば 開業時のお金の不安がなくなり安心して事業をスタートさせることができます。
資金面で悩んでいる起業前・起業直後の女性の方、起業には十分な開業資金の準備が重要です。起業・開業する上で欠かせないのが資金です。開業資金が足りず起業を断念していたり、ずるずると先延ばしていないでしょうか。
創業時の資金の多さで、事業を始めてからの安定するまでのスピードや成功率が変わるといっても過言ではありません。特に創業時は集客や営業、事業運営に集中したいところです。お金のことに不安になりながら仕事をしても楽しくありません。
起業を成功させるためにも、スタート時点での資金計画をきちんと立て始められるようサポートいたします。

会社設立手続き

女性の起業の場合は、多くは個人事業主として始めることが多いと思います。中には介護事業所のように法人でないと事業を始めることができないケースもあります。
また、ビジネスがBtoBの場合は社会的信用の面から法人の方が取引してもらいやすいということもあるでしょう。
それぞれのビジネス形態によって、個人がいいのか、法人がいいのか異なりますが、法人で事業を始めるのであれば会社設立の手続きをしなければなりません。法人にもメリット・デメリットがありますので、どちらがいいのかわからない方はご相談ください。

補助金

補助金とは事業支援のために国や自治体から支給される、返済義務のないお金です。必要な経費に対して数十万円から数百万円も補助されますので、各種補助金をうまく活用できれば、資金面で余裕を持った経営ができます。
ただし誰でももらえるわけではなく審査があり条件や目的にあった場合のみ補助金を受けることができます。そのため、申請にかかる事業計画書の作成は複雑なことも多く、作成にも時間がかかります。慣れていないとどのように作成していいかわからないことも多いです。そのような時間と労力を省き、ポイントを押さえた事業計画書の作成を当事務所がサポートいたします。

経営サポート

起業後は自己資金や融資を受けた資金でうまく回るように運営していくことが大事です。いざ起業するとお金の管理しないといけませんよね。女性の場合数字が苦手な方が多く、お金の管理はなんとなくやっていないでしょうか。
決算書を見たところで、何が書いてあるのかさっぱりわからない。という声も多数聞きます。
決算書を見るポイントや毎月のお金の流れがわかるようになると、事業も安定してきます。
なんとなく経営するのではなく、しっかり「見える形」にすると課題や目標が見えてくるのです。けれど、一人ではどうしていいかわからないという方は、一人で手探りでやるより、サポートしてくれる人がいる方が安心ではないでしょうか。経営サポートでは毎月の資金繰りをベースに経営の課題を解決していきます。

TOP