業務案内

ものづくり補助金などの補助金を申請

補助金申請

補助金とは事業支援のために国や自治体から支給される、返済義務のないお金です。ただし誰でももらえるわけではなく審査があり条件や目的にあった場合のみ補助金を受けることができます。
補助金の種類は大変多いのですが、中小企業支援としてよく知られているのは「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」「小規模事業者持続化補助金」「事業承継補助金」「IT補助金」などです。

申請のための事業計画書の作成は複雑なことも多く、その作成に時間がかかります。慣れていないとどのように作成していいかわからないことも多いです。そのような時間と労力を省き、ポイントを押さえた事業計画書の作成を当事務所がサポートいたします。

中小企業が利用できる主な補助金

1.ものづくり・商業・サービス生産性向上促進事業(ものづくり補助金)

(補助額:100万~1,000万円、補助率:中小1/2 小規模2/3)
中小企業等が行う、革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援します。

2.小規模事業者持続的発展支援事業(持続化補助金)

(補助額:~50万円、補助率:2/3 )
小規模事業者が経営計画を作成して取り組む販路開拓の取組等を支援します。

3.サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)

(補助額:30万~450万円、補助率1/2)
中小企業等が行う、バックオフィス業務の効率化や新たな顧客獲得等の付加価値向上に資するITツールの導入を支援します。

4.生産設備におけるエネルギー使用合理化等事業者支援事業費補助金(省エネ補助金)

中小企業等の工場・事業場等における生産性及び省エネ性能の高い生産設備投資を支援することで、エネルギーコストの低減及び生産性の向上を促進し、競争力の強化に繋げます。

5. 事業承継補助金

M&A等を通じた事業承継を契機に、経営革新等に挑戦する中小企業に対し、設備投資・販路拡大等に必要な経費を支援します。また、新規事業への参入を行う場合などには重点的に支援を行い、ベンチャー型事業承継・第二創業を後押しします。
さらに、経営資源を譲り渡した事業者の廃業費用も補助します。

ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金)について

一般的に「ものづくり補助金」と呼んでいますが、正確には「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」といいます。
生産性を向上に資する革新的なサービス開発・試作品開発・生産性プロセスの改善に必要な設備投資を支援するものです。
「生産性向上」というのがポイントで、ただ設備投資すれば補助金が出るわけではありません。
その設備投資を行うことによって、事業の生産性や効率が上がり、会社としての利益がでることが重要となっています。
設備投資は機械だけではなくソフトウエアや管理システムなどの導入も含まれますので、必ずしも製造業だけに当てはまる補助金ではありません。ですから卸・小売り業やサービス業においても、その設備投資を行うことで事業が改善され利益拡大に繋がるのであれば補助の対象となります。

また補助金は交付が決定しても、設備購入後に支払われるものなので、お金が入ったら買おうということが出来ません。一度自社で支払いをしてから、その費用を請求することになりますので資金繰りを考えて申請することも大切です。

当事務所ではものづくり補助金申請のサポートをしております。しかしながら以前より採択率も厳しくなってきておりますので、丸投げにして作成したものでは通りません。
御社のことをよく理解し伝える必要がありますので、ヒアリング時間は多くとらせていただくことになります。会社のこと、社長さまの想いなど深くお伺いし、最適な申請書を作成させていただきます。

補助金申請サポート費用

着手金 報酬
5万円 成功報酬 10%

※表記は税込みです。
※着手金は採択されなかった場合でも返金はできませんのでご了承ください。


ピックアップ

  1. 持続化給付金

対応地域

当事務所は京都市山科区にあり、下記エリアを中心に京都府内に対応しております。

 

京都市(右京区、北区、上京区、西京区、中京区、伏見区、南区、山科区)、宇治市、城陽市、京田辺市、木津川市など。

 

上記のエリア以外の方もお気軽にお問合せください。

PAGE TOP